ネットde株初心者

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

初心者が気をつけるべきこと

インターネットの発達によりJASDAQの株投資やFXが気軽にできる時代になりました。気軽にできるということのメリットももちろんありますが、気をつけるべき点が多くあることを忘れないでください。

ネットで資産を運用するときに実際にお金を動いている感覚がない人がいるようです。しかし実際はクリックひとつでお金が増えたり減ったりしているのです。このようなゲーム感覚にならないように注意することが必要です。もちろんこんなことは言われなくても分かっている人も多くいると思いますが。

次に気をつけるべきことは資産管理をしっかりすることです。この日はいくらプラスになった、マイナスになった合計でいくらプラスになったなどです。株やFXは儲かる日もあれば損をする日がもちろんでます。しかし儲かる日だけしか見ずに運用すると、結果的にマイナスになっていることがあります。初心者にありがちなパターンですね。パチンコでも勝ったときの興奮が忘れられず結局合計で負けているという人が多いのを見ると頷けると思います。

次に注意したいことはノルマを決めないということです。例えば月に5万勝つというノルマを立てると無理な投資をして損をしてしまうケースがあるのです。ノルマを決めずファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を駆使して自分のペースで運用をしてください。

初心者といっても投資してしまえばベテランも初心者も関係ありません。しっかりとした管理を元に運用していきましょう。

ネットで資産運用

株初心者でも儲かる可能性が高いのがネット利用のメリットです。必ずしも高度な専門知識が必要というわけではなく、初心者からでも無理なく取り組めるのがネットの世界です。

例えば外国為替相場を利用したFXなどもそうです。基本的に、ネットの繋がったパソコンが一台あれば取り引きが可能なので、初心者からでも手軽に取り組めます。FXのスワップ運用であれば、毎日の相場の動きにもそんなに敏感にならなくても大丈夫なので初心者にも安心の資産運用といえます。

他にもネットを利用した資産運用に、アフィリエイトがあります。アフィリエイトなら初心者からでも、簡単な手続きで始めることが出来ますし、リスクもほとんどありません。投資の基本は、ローリスク・ローリターンかハイリスク・ハイリターンです。ネットの初心者の場合は、ローリスク・ローリターンの商品で資産運用のベースを作って、投資活動に慣れてきたら、少しずつリスクの高い商品をポートフォリオに加えていくのがいいかもしれません。

ネットがブロードバンド化され、投資の初心者も投資を始めやすい環境が整っています。パソコンも安いものなら数万円程度から手に入ります。ネットも月額数千円程度で繋ぎ放題が当たり前の世の中です。ネットを利用して株初心者の方も手軽に株投資始めてみませんか。

ネット証券会社に総合口座を開設して、ネット株に加えて、FX(外国為替証拠金取引)も取引可能な環境を作れば、ネットで資産運用も夢物語ではありませんよ。

特にFXスワップであれば、だれでもリスクを少なくしてはじめられますので、管理人もお気に入りの資産運用です。

初心者からの株で資産運用

株式投資の初心者オンライントレードで資産運用するのは可能なのでしょうか。
ネットで株初心者が一から始めて資産運用していくのは、いかにも大変そうですが……。

[ネット株初心者からの資産運用]
ネットで株初心者が資産運用として始めるなら、商品選択も重要なポイントです。投資の方法には、普通に国内株式などを売買する投資方法の他に、通常の単元株単位の10分の1で買える「ミニ株」や「るいとう(株式累積投資)」、「投資信託」という投資方法があります。

[ネット株初心者;ミニ株]
ミニ株は少ない資金でも株式投資が出来るように、売買の単位が10分の1になっています。通常は、1000株単位からでないと売買できませんが、ミニ株なら100株から売買できます。しかし、全ての証券会社で「ミニ株」を取り扱っているわけではありません。

[ネット株初心者;るいとう(株式累積投資)]
るいとう(株式累積投資)は、毎月少ない金額(10,000円程度~)で同じ銘柄を少しずつ購入する方法です。るいとうは、「時期をずらして少しづつ買う」ので、株の値下りによるリスクを回避するにも有効です。

[ネット株初心者;投資信託]
投資家から集めたお金を、資金運用を専門にしている会社の「ファンドマネージャ」という専門家に運用してもらい、その収益を出資した投資家たちで分配する商品です。

株式投資の初心者の方は、こうした商品から投資を始めてみるのも良いと思います。「ミニ株」から始めて、徐々に「株」に慣れてきてから、通常の株式投資に移行するというのも賢い選択です。

ネット証券会社の選び方

ネット株初心者がネット証券会社を選ぶ際のポイントをご紹介しましょう。ネット株初心者が初めての証券会社選びをする際には迷うものです。いったいどこの証券会社がいいのでしょうか?

[ネット株初心者;ネット証券会社のポイント]
まず、最初に思い浮かぶのが『取引手数料』が安いかどうかです。確かに手数料の安さは魅力ですが、最も大切なポイントは「これからどういう投資をしたいのか」という自身の投資スタイルを決めることです。その上で自分に合ったネット証券会社を選びましょう。

株取引にはいろいろな売買スタイルがあります。
1日のなかで何度も売買を繰り返す「デイトレード」をしたい人は、1日あるいは1ヶ月定額制の手数料制度のあるネット証券会社の中から、手数料を基準に選べばいいでしょう。数ヶ月~数年に及ぶ中長期投資なら、取引回数は少なくなりますから、取引1回当りの手数料が安いネット証券会社を選ぶのがいいでしょう。

また、ネット株初心者の場合は銘柄や企業の動向などの情報を多く持っていないので、ネット証券会社が無料で提供してくれる株価情報などが頼りになります。こういったケースでは株に関する情報の多さや、情報サービスや情報ツールが充実しているネット証券会社を選ぶことがポイントとなります。

他にも、自分が投資したいと考えている商品を取り扱っているネット証券会社を選ぶのもひとつの方法です。外国株や投資信託、ミニ株といった商品で選ぶなら、取扱銘柄の多いネット証券会社を選びましょう。

初心者のための株取引入門

さて、今回は初心者の為の株取引入門です。株の買い方、株の銘柄の選び方などについて勉強していきましょう。

実際に株を買って売ってみたものの、結局損をしているという方も多いと思います。当然ですが、初心者が最初から株で儲かるというのが甘い考えなのです。そこで、経済や金融や株式勉強して、株を分析して売買できるようになりましょう。

[株初心者入門;株式相場の分析]
さて、株の値動きを分析して将来の株価を予想するわけですが、分析方法は大きく分けてファンダメンタル分析とテクニカル分析の2種類です。

[株初心者入門;ファンダメンタル分析]
ファンダメンタル分析とは、各企業の基礎的条件(業績や財務内容)を分析することで、企業の理論価値を計算し、その企業は株価に見合った価値があるのかないのかを判断する分析方法です。ざっくり言うと、業績がいいのに株価が安い銘柄を買えば、将来株価が上がる可能性が高いということです。また、企業の財務内容を分析することにより、倒産によるリスクも減らすことが出来ます。

[株初心者入門;テクニカル分析]
テクニカル分析とは、会社の業績とは無関係に、その銘柄の過去の株価の流れと現在の株価で、将来の株価を予想する分析方法です。通常、株価は会社の業績に応じて上下しますが、完全に業績に比例して上下することはありません。売買しているのが人間である限り、相場にはトレンドが生じます。株価は上下を繰り返しながら上昇・下降していくのです。

ネット初心者でも大丈夫なの?

ネットで株投資を始めるといっても、ネット初心者でも大丈夫なんでしょうか?
ネットも初心者、株も初心者となるとトラブルになった時が不安……そんな声が聞こえてきそうです。確かに、ネットで株取引の場合、トラブルになった時のサポートがどうなのかということは重要なポイントです。

ネット証券会社を選ぶ場合には、サポートの内容はきちんと把握しなければなりません。

今までネットで株取引の経験のある方なら、サポート体制よりも手数料や取引ツールの充実度といったことがネット証券会社のポイントになるかもしれません。しかし、株初心者の場合には、何よりもまずサポート体制の充実度が大切です。少しぐらい手数料が高い場合でも、それはサポート料金だと思ったほうがいいでしょう。

以前にも、証券会社のプロのディーラーが株数と金額を間違えて大きな事件になったことがありました。株のプロでさえそのようなことがあるのですから、増してや株の初心者の場合には、どのようなミスが起きるかわかりません。

加えて、ネットの初心者ともなれば、ネットが繋がらなくなったとか、画面の表示がおかしくなったというトラブルで取り引きが出来ないということも起こりがちです。是非、初心者の場合にはサポート体制の充実したネット証券会社を選ぶようにしましょう。株の初心者、ネットの初心者の場合には、手数料やツールの充実度よりもサポートの充実度をポイントにネット証券会社を選びましょう。

ネット株初心者のために

ネットがここ10年で爆発的に普及し、一般家庭でもパソコンが一台以上というのも珍しくなくなりました。ADSLや光ファイバーなどのブロードバンド化も進んでおり、ネットで株やFXなどの投資を本業とするデイトレーダーなども増えています。

そんなネットで株を始めたい初心者の方に、ネット株の基礎知識をご紹介しています。

金融規制緩和によってネット専業のネット証券会社も増え、以前に比べて格段に便利に株投資を始めることが出来るようになっています。今こそ、ネットで株を始めるいいチャンスなのではないでしょうか。

ただ、株の初心者の方、投資初心者の方は、株に対する不安があるのも事実です。最近ではアメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界同時不況による株式市場の低迷、円高不況などリスクや不安を助長するような事件が多かったですしね。

しかし、不況で底値の今こそ株を始める良いチャンスかもしれません。以前に比べて、株取引も格段に簡単になっていますし、リスクを知って安全に取引をしていけば、何も怖がる必要はありません。ネットで手軽に株投資始めてみませんか。

例えば、ネットで投資を始めるとして、株を中長期で行くつか銘柄を揃える。FXのスワップ狙いでポジションを持つ。FXのスキャルピングで細かい利益を重ねる。というデイトレーダーなどもいいかもしれません。ネットを最大限利用すれば、初心者からでも資産運用可能だと思いますよ~。

株取引の基本

さてネット証券会社に口座開設が済んだら、口座に入金し次第株取引可能になります。
……といっても、株初心者の方はどうやって株を買えばいいかわかりませんよね。

「株の値段は?」
「銘柄はどうやって選べばいいの?」
「何株から買えるの?」
「値上がりする株はどれ?」

初心者の方は、いろんな疑問に囲まれています。一つ一つ解決していきましょう。

[株の注文方法]
株の注文の仕方にはいろいろあります。大きく分けると「指値注文(さしねちゅうもん)」と「成行注文(なりゆきちゅうもん)」の2つがあります。指値注文は、買いたい値段を指定して注文を出します。より高い値段を出した人が優先的に購入できます。

対して成行注文は、値段を指定せずに銘柄と株数を指定して注文します。指値注文よりも優先されて取引が執行されますが、値段を指定していないため、思わぬ高値で買ってしまうことがあります。一方、指値は値段指定しているため、安定した値段で買えますが、値段が合わずに取引が執行されないこともあります。

[銘柄コード]
銘柄コードとは、株の各銘柄についた4桁の固有の番号で、株取引の際はこの番号を使います。注文の際には、株の銘柄名を入力する代わりに、銘柄コードを入力して銘柄を指定するわけです。

[株数の指定]
株を何株買うかということですが、株を買うことのできる単位というものがあります。多くの銘柄は1000株単位となっており、株価×1000株の値段で買うことになります。

ネットで株投資

さて、ネットで始められる投資の一つが『株』です。株のことは皆さんご存知だと思いますが、一応説明しておきましょうね。

株とは、企業が資金調達のために発行する証書のこと。企業は株で資金を集めて、事業を拡大したり、設備投資したりします。対して、株を買った出資者(投資家)は、配当金や株の売買でお金を増やすことが出来ます。株を長期保有して配当金をコツコツと貰うのも一つの手ですし、短期で株の売買を繰り返して売買差益を狙うのも自由です。

さて、株の説明はこの辺にしておいて、ネットで株投資の本題に入っていきましょう。株の初心者の方にも分かりやすいようにコツコツと進めていきましょう。

株投資といっても、ネットでポチポチッとするだけなので、とっても簡単です。株取引の手続きは、すべてネット上で行えますので、証券会社の店頭に出向く必要もありません。店頭での株取引と違って、ネットの株は人件費も節約できるので、取引手数料が格安なのも魅力です。そんな便利なネットで株投資は、ネット証券会社に口座を作ることから始まります。

[ネット証券会社に口座開設]
ネット株への一歩を踏み出すために、ネット証券会社に口座開設します。どのネット証券会社に口座を開設するかは、手数料やサポートなどのサービス、取引ツールなどをポイントにして選んでいきましょう。

口座開設は、ネット証券会社のサイトから、資料を請求して、郵送で届いた申込書等々に記入して、免許証のコピー等の本人確認書類を添えて送れば、すぐに開設できます。とりあえず、資料請求しましょう。

多くのネット証券会社では、口座開設はもちろん維持費も無料です。一部有料のところもありますが、口座を開設だけなら、お金は掛かりませんので、とりあえずネット証券会社に口座を開設しておきましょう。

投資リスク

さてお金を増やすと言っても何から始めればいいのか。
資産運用には貯蓄と投資がありますが、この低金利時代に貯蓄のみでお金を増やしていくことは出来ません。やはり、リスクを取ってリターンを増やす投資は欠かせません。投資初心者の方も今こそ投資を始めていきましょう。

[投資に関するリスク]
●価格リスク
価格リスクは、株式など、価格の上下によって資産に影響を受けるリスクです。株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)などの金融商品に価格リスクがあります。

●金利リスク
金利リスクは、金利の上昇によって債権の市場価格が下落してしまうリスクです。債権の金利を市場の金利が超えてしまうと、債権を売ろうとしても元の値段で買う人がいなくなるため、債権の価格が下がってしまいます。

●為替リスク
為替リスクは、ドルなどの外国株式や外国債券を保有する場合、為替レートによって資産に影響を受けるリスクです。

●信用リスク
信用リスクは、投資先の企業や国が潰れてしまい、資産価値がなくなってしまうリスクです。

●流動性リスク
流動性リスクは、売りたいときに売れず、価格を大きく下げないと売れないリスクです。株式では、ストップ安という値幅制限までさげた銘柄は買い手がつかず、売れない状態になることがあります。

こうしたリスクを負うことでリターンを増やすことが出来ます。さて、それを踏まえて何を選ぶかということですが、今すぐ始められる手軽な投資ということで、ネットを使った資産運用についてみていきましょう。

経済